医-ラーニング

医-ラーニング

医療事務や医療情報系のお勉強とその他イロイロ

【その4】クリニックの倒産を目の当たりにして思うこと

とあるクリニックの倒産

どうもーー!今回も社会派しよさんです。

前回の同タイトル記事の続きです。クリニックの倒産を目の当たりにして思うこと!その4

いい加減、終わりにしないと…😅

前回、この状況の中、職員を総入替して、また何事もなかったかのようにクリニック経営をするのか。そういうことが許されるのか。

というところで終わりました。

また続けていきます。長い?まぁそう言わんと。

 

あ。続きの前に…職員がなぜ求人を知ったのか!?というのを書き忘れており、追加してます。もう一度、お読みください!😆

おさらいということで、前回分 ↓ ↓ ↓

sho-sh.hatenablog.com

 

読むのがめんどくさい! という方のために、追加した文章。

なぜバレたか?採用された人から

『今度からお世話になる〇〇です。出勤日についての連絡を~』

的な電話がかかってきたから、だそうです。

ほんまに悪いことできませんね。。。

しかし…なんと、求人出すだけではなく、院外で面接を済ませ、採用している人までいたとは。

 

まさかの展開

新たなクリニックを開業予定 

はい。やっと続きいきます。

それからしよのところに別の会社さんからある話が舞い込んできます。

それは軽いノリでのお話でした。電話かかってきましてな。

 

「〇〇クリニックさん、また新クリニックをオープンだってねー。

 次から次へとすごいねー。順調だねー。

 △△を導入したいって連絡があったけど、御社も関わる??」

 

だって。

 

なんだとーーーー!😱

 

さらにさらに、それは事務長より連絡がきて、そして、事務長に直接会った、とのこと。

 

会ったんかい!!

こっちでは血眼になってみんな探してますけど?

 

ついに発見か?!

会う前に教えてくれよー…と文句言いたいとこだったんですが。。。

いや、言っちゃいましたね。それ。我慢できず。

ただ、その会社さん、地域が全く違うのでそのクリニックの状況はご存じなかった様子。

それを見越して事務長は連絡をしたんでしょうけどね。

 

あらたに採用していた人は、どうやらそちらで働かせるための人材だったようです。

ドクターもすでに決まっている、ということでした。

 

f:id:sho-sh:20180507233226j:plain 

そんなことがまかり通るのか!?

詳しい人、教えてください!

 

そういうことができるんですか?!コメントにでも…

新クリニックの開業なんてしてしまったら、また被害者、いえ、餌食が増えます。

そもそもそんなお金があるのであれば、ドクター、ナース、医事の方たちの未払いのお給料を払ってあげてください!!

うちの未払い分も!

 

しかしですね、仮に新たにクリニックを事務長が開業させたとしても、事務長が開設者になるわけではないので、わかる術がないんですね。

場所もわからなければ、開設者となる医師名もわからない以上、確認のしようがありません。

なんとも言いようのないこのモヤモヤッとした気持ちはなんなんだろう…

 

その会社さんにはさすがに詳細な事情をお話することは控えさせていただきましたが

  • どこに開業しようとしているのか、医師は???聞き出してほしい
  • 接触したいので、もう一度会う約束をしてほしい

これらをそれとなーくご協力お願いしました。

あ、もう1つ。かかわるな。ってことはキッチリお伝え。

 

が、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

バレて逃げられた。

 

バカバカバカ!へたくそか!役立たずっ!

…と、責めてもしょうがないですね。事情をあまり知らないんですもの~~。

 

その会社さんもそれ以降、事務長とは連絡がつかなくなった、ということ。

そしてまた続くのです…

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチっとお願いします