医-ラーニング

医-ラーニング

医療事務や医療情報系のお勉強とその他イロイロ

Voicyというメディアについて勝手気ままに感想書いてみるーーその1

最近の日課となりつつあるVoicyというもの

どうも!しよです。

さて今回は、最近気になるVoicyについて。

けっこう毎日のように聞いていますので

勝手気ままに感想を書いてみます。

 

 

Voicyとは?

Voicyという音声配信サービスをご存知でしょうか。

活字のブログではなく声のブログという比較的新しいWebサービスです。

 

voicy.jp

 

どんなものかというと、

パーソナリティが自分の思うことを自由に

音声で配信しています。

 

一人で語る人もいれば

複数人の掛け合いで話している人もいる。

 

プロもいれば素人もいる。

 

語りかけるような口調の人もいれば、声を張っていて賑やかな人もいる。

 

内容もニュース・ビジネス・政治/経済・英語・エンタメ・アニメ…etc

イロイロなカテゴリーがあり、

好みのものからピックアップして聞けます。

 

ラジオとの違いは?!

ラジオとの違い??

番組表というものがないこと。かな…

それぞれのパーソナリティには過去放送分すべて履歴が残っていて

いつでも過去のものを聞くことができます。

1回限り!というわけではありません。

 

それ以外は… こんなもんですか。

  • コメントを書けるのでパーソナリティとコミュニケーション取れる
  • パーソナリティ、またリスナーはその番組をSNSで共有
  • パーソナリティは携帯でも収録できるので気軽に取り組める
  • 放送法も関係ないので話す内容も比較的自由
  • 自分のお気に入りをフォローできる
  • フォロしていないパーソナリティのコンテンツも簡単に聞ける

 

最大の違いはこれじゃないですかねぇ…

ラジオだと聴取率というものがありますが

 Voicyでは総合やカテゴリーのランキングがあり、

各パーソナリティのフォロー数や再生回数など

リアルな数字が画面上に表示されており、

おまけに毎日ランキングが発表されます。

 

ここでパーソナリティは他のパーソナリティと競ってるわけですね。

ランキング上位の人はスポンサーもついていますし、

毎日のように配信している人が多いですね。

これ。おそらく競争意識をうまいこと使ってる気がします。

 

毎日ランキング発表されるので、毎日がんばって配信する。

そうするとコンテンツも充実してきます。

 

 パーソナリティになるには

このVoicyですが、誰でも自由にアカウントが作れて

自由に開設し配信できるわけではないようです。

審査があって、

 

corp.voicy.jp

 

法人と個人の申し込みがあり、個人は審査もあるようですね。

番組企画やVoicy全体バランス、聴きたいリスナーが多いか、SNSの発信状況から総合的に検討

開設の申請申し込みのページにはこのように書いてあります。

すでにTwitter等でフォロワーが多い人などは比較的審査に通りやすいイメージ。

最初からリスナー数がある程度見込めますし

新規リスナーを獲得するにもいい手段だと思います。

 

f:id:sho-sh:20180605174622j:plain

 

他にもありますよね…同様のサービス…けどVoicy

そうなんですよ。

他にも同様のwebでの音声配信サービスってありますよね。

なぜVoicyか?

うーーーん。なぜだろう。

使いやすいから、ですかね。

 

携帯ではアプリもあるし、アプリなしでもWebで聞けます。

PCでも聞けます。

聞きながら他のことができます。

ながらVoicy。

 

コンテンツもおもしろいです。

各パーソナリティに個性があって、新しいことに挑戦してますよねぇ。

 

今は形にとらわれない、しがらみのない、

いろんな表現があるんだなと思いました。

 

いや、やっぱり流行?

日経トレンディ7月号の「2018年上半期ヒット商品」で

Voicyが掲載されたそうです。

Voicy公式Twitterより。 

 

結局、流行に弱いってことですな。

そして、今回は『その1』ということで、『その2』がそのうちあります!

…ちなみにVoicyの回し者ではありません😛

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチっとお願いします