医-ラーニング

医-ラーニング

医療事務や医療情報系のお勉強とその他イロイロ

五山の送り火で思い出すあの日。

五山の送り火の思い出

どうも。しよです。

今回は五山の送り火の思い出について。

おばーちゃんちから見えた、とかそういう幼い頃の思い出っていうわけではなくて…

2年前の思い出ってだけなんですけどね。。

タイトルにはたいそうなこと書いてるけど、ただ単に入院してただけやん( ´Ꙩωꙩ` )

まぁそやけど、入院中のちょっとした楽しみやん 

五山の送り火

その前に!

五山の送り火と言えば京都の風物詩の1つでもあります。

毎年8月16日に

以上の五山で炎が上がり、お盆に迎えていたお精霊(しょらい)さんと呼ばれる死者の霊をあの世へ送り届けるとされる行事です。

 

これが過ぎると夏も終わり。

京都市観光協会のサイトです。

www.kyokanko.or.jp

 

五山の送り火の思い出

『五山の送り火の思い出』というと、京都の風物詩でもありますし、風流な思い出話が皆さん、たくさんあると思うんですけどね。

しよの1番の思い出は2年前の送り火です。

どうして2年前かって??

ちょうど2年前、入院していたからです。

 

京都には五山の送り火が見える病院がたくさんございまして。

そのうちの1つに入院しておりました。

入院中、『大』の字が病院から見える山肌に見えてたので、五山の送り火もキレイに見えるやろなぁと楽しみにしてました。

その日は朝から病院も送り火モードで、ご飯のメニューが書いてある食札にも五山の送り火のイラストが書いてあったりと、どうぞ楽しみにしてください!的な感じだったんですよね。

f:id:sho-sh:20180817123926j:plain

が、、、当日、だんだんと天気が悪くなり、雨。雨。雨。

なんてこったーーー!!

入院中の楽しみの1つが雨によって奪われる~~~( ̄ロ ̄lll)

ともに入院している患者さんたちと、『やめばいいねぇ』と話しておりました。

 

点火時間に近づくにつれ、雨はひどくなる…

『点火できるっぽいよ!』『中止かも』とか、病院外から見てる人とのSNSを通じての情報がこっちにも入ってきて、患者さん同士でざわざわ…

 

KSB京都で中継も始まっていて、一応、点火が始まったみたいですが、病院からはまったく見えず。どしゃ降り。。。

『大』がどこにあるかすらわからない!

TVの方がよく見えてたので、みんなでTVでまずは送り火見ました。

 

その病院からは舟形も見えてるはずだったんですが、うーーーっすら見えてるかも??という状態。

画質悪いですが…

f:id:sho-sh:20180817160820j:plain

雨ヨ!やんでクレー

最後まで雨は降り続けましたが、だーいぶ粘った結果、ちょっとだけ見えました。

f:id:sho-sh:20180817161018j:plain

その時にケータイで撮った写真です。

 

ご先祖様をお送りする

2年前は病院の中で命について考えることも多くあり、送り火もそんな中で迎えました。

自分のまわりにもいろんな状態の患者さんがいましたしね。

『ご先祖様、連れてかないでください!』とまでは思いませんでしたが、それに近い気持ちだったかもしれません。

2年経った今はちゃんと家で迎えられていて、生活も元に戻りました。

今年もこうしてご先祖様を送り火で送ることができることに感謝です。

毎年毎年、五山の送り火を迎えるたびに、こうして感謝しようと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチっとお願いします

医療情報技師試験を受けようと思っている人へ!過去問Part13

2017年医療情報システム系 過去問

はいー。どうも!しよです。

そろそろ試験も近づいてきてますね。

 

医療情報技師試験の過去問+しよさんのぼやき付解説いきまーす。

 

過去問その1 

電子カルテの代行入力について適切でないのはどれか。

  1. 作成責任者により速やかに承認する。
  2. 代行入力者のIDでシステムにアクセスする。
  3. 誰の代行が誰によっていつ行われたかを記録する。
  4. 代行入力をどの業務に適用するかを運用管理規定で定める。
  5. 一定時間後に自動確定し、代行入力者を作成責任者とする。

f:id:sho-sh:20180626164808j:plain

 

回答と解説

正解:5

5)「代行入力者」はあくまで「作成責任者に代わり入力する者」である。

 

f:id:sho-sh:20180430165445p:plain

医師事務の人も、作成責任者(ドクター)の代行で電子カルテへの入力や文書作成をしていたりする。

 

過去問その2

注射実施時の3点認証によって防止できないのはどれか。2つマークしなさい。

  1. 禁忌薬投与
  2. 実施入力もれ
  3. 患者の取り違え
  4. ミキシングの間違い
  5. オーダ変更の伝達もれ

f:id:sho-sh:20180626164936j:plain

 

回答と解説

正解:1,4

注射実施時の3点認証は患者と注射薬が注射オーダーの内容とあっているかどうかを確認および実施者の特定と実施入力を確実にするために行なわれる。

1)禁忌薬投与は注射オーダー時の時点でのチェックであるべき

4)ミキシング(混注)チェックは事前に行なわれ、注射薬にバーコードを貼る。

f:id:sho-sh:20180430165445p:plain

入院した時にはバーコード付きのリストバンドをまずつけられて、何をするにも常にバーコードでチェックされていた。退院する際にリストバンドをカットした時、やっと退院か~~と実感した記憶。

 

過去問その3

レジメンシステムに求められる機能として適切でないのはどれか。

  1. 登録されたレジメンに基づくスケジュール管理
  2. オーダ時に抗がん剤を自由に組み合わせる機能
  3. 薬剤師による監査のための投与内容の確認機能
  4. オーダされた抗がん剤の容量から最適な規格の組み合わせを示す機能
  5. オーダ確定後、医師による最終承認が行われるまで実施ができない機能f:id:sho-sh:20180626165028j:plain

 

回答と解説

正解:2

レジメンとは抗がん剤、輸液、支持療法薬の投与に関する時系列的な治療計画である。

2)オーダー時に抗がん剤を自由に組み合わせる機能はレジメンの目的を損なうことになるため適切ではない。

f:id:sho-sh:20180430165445p:plain

こんなことも試験に出るってすごいよなぁ…勉強範囲多すぎない?

 

過去問その4

処方鑑査にもっとも関連が低い患者情報はどれか。

  1. 体重
  2. 年齢
  3. 検査値
  4. 手術日
  5. アレルギー歴

f:id:sho-sh:20180626165106j:plain

  

 

回答と解説

正解:4

処方監査とは処方箋の内容が対象となる患者にとって適切かどうか、薬剤師が確認することである。

1)体重、2)年齢の情報は薬剤の投与量が適切であるかどうか、3)検査値、5)アレルギー情報は禁忌薬投与防止の判断材料となる。

4)手術日の情報は、処方薬の患者への影響を考える上では最も関連が低い情報となる。

f:id:sho-sh:20180430165445p:plain

処方監査は……

医師が処方した薬剤が適切かどうか、薬剤師が処方箋を確認すること。処方箋に記載されている患者情報や薬歴に基づいて、処方内容(重複投与・投与禁忌・相互作用・アレルギー・副作用など)の確認を行う。疑わしい点がある場合は疑義照会を行う。
[補説]薬剤師法第24条に「薬剤師は、処方せん中に疑わしい点があるときは、その処方せんを交付した医師、歯科医師又は獣医師に問い合わせて、その疑わしい点を確かめた後でなければ、これによって調剤してはならない」と規定されている。

 

おまけ

電子カルテに期待される効果

  1. 手書き文字からの開放
  2. 情報の共有(施設内や異なる施設間)
  3. ペーパレスによる人員、スペースの節約
  4. データの紛失防止、長期保存
  5. 患者への情報提供
  6. 経営支援・臨床支援など、データの付加的後利用

 

もうそろそろ試験ですねぇ。受験される方、がんばってください! 

 

勉強にはこれを使っています。 ↓ ↓ ↓

医療情報サブノート第4版 [ 日本医療情報学会医療情報技師育成部会 ]

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチっとお願いします